【社会人からの仲間作り】大人になってからの友達の作り方教えます。

握手

こんにちは、ライトです。

この記事では大人になってからの友達の作り方について書きました。

あなたは学生の頃には友達がたくさんいたのに、大人になってからは友達がまったくできずに孤独で寂しい思いをしていませんか?

なんで学生のころはあんなに簡単に友達が作れたのに、社会人になってからは友達を作るのにこんなに苦戦をしているんだろう。

こんな思いに駆られたことはありませんか?

しかし安心してください。

この記事では大人になってから友達ができにくい原因と、大人になってからの友達の作り方を具体的にわかりやすくまとめました。

これから書かれている主な内容は

  • なぜ大人になると友達ができないのか?
  • 友達がいないことでの悪影響は?
  • 大人になってからの友達の作り方はどうすればいいのか?
  • 友達を簡単に作れる出会いの場とは?

になります。

大人には大人なりの友達の作り方があります。

なので、ぜひ真剣に今後も読み進めていってください。

それでは始めていきたいと思います。

なぜ大人になると友達ができないのか?

まず初めになぜ大人になると友達ができないのか。

この疑問に迫っていきたいと思います。

そもそも学生の頃はそれなりに友達もいたのに、急に社会人になってから、または結婚してから友達が激減してしまったという人は多いんじゃないでしょうか?

これには理由があって、1番の原因は仕事と家庭に追われてしまって遊ぶ時間がなく、大人になると子供のころに比べて外出する機会が減ってしまうからなんですね。

学生のころは学校以外の時間は基本自由で、バイトしようが遊びに行こうか自分で決められました。

しかし、社会人になってからは家に帰ってくるのは遅くなり、休みの日も職場によってバラバラです。

ましてや家庭を持っている人は、休日だったとしても子供の面倒や家事の手伝いで拘束されてしまうことも珍しくありません。

1人で遊びに行ってくる行為自体簡単にできるものでもありませんので、これではなかなか友達は作りづらいと思います。

それに学生のころとは違い、周りはみな年齢が違います。

年上の人もいれば年下の人もいる、要はいろいろな年代の人と付き合わなければなりません。

学生のころは同級生に囲まれ、タメ口をきいたりしていっさい気を使わずに接していたのに、社会人になってからは年代の違う人に囲まれているので、敬語を使ったりと多少なりとも気を使ってしまいます。

そこが社会人になってからの友達ができない原因の1つです。

なので、大人になってから友達ができないのは仕方がないといえば仕方のないことで、友達を作りづらい環境にあるということだけはわかっておいてください。

友達がいないことでの悪影響は?

ここでは友達がいないことでの悪影響について話していきたいと思います。

まず1つ、友達がいないことで悩み事や相談事を打ち明ける相手がいないということです。

人は誰しもが悩みや相談事は抱えていると思いますが、これを打ち明ける相手がいないということは、すべて自分で解決しなければなりません。

それに相談に乗ってくれる相手がいたほうが、気持ち的にもだいぶ心強いと思います。

そもそも孤独でいるだけで、喫煙よりも体に悪いという話もあるぐらいです。

ずっと孤独でいた人がなんでも話せる友達を作ることによって、生涯の寿命が15年も伸びるという話もあるぐらい、友達がいないことは体に悪影響を与えてしまうんです。

なので健康面やメンタル面をよくしたいのであれば、まずは友達作りから始めてみるのもいいかもしれませんね。

大人になってからの友達の作り方はどうすればいいのか?

続いては大人になってからの友達の作り方について話していきたいと思います。

どういう友達が欲しいかを決める

まず最初に考えてほしいんですけど、あなたは今現在どういう友達が欲しいですか?

例えば一緒に飲みに行ける友達、家族ぐるみでどこかに遊びに行ける友達、または同じ趣味などを共有できる友達。

いろいろあると思いますが、まずはどういう友達が欲しいのかを決めてもらってから友達作りに励んだほうが、結果うまくいきます。

実際に相手が忙しくて時間がなかったり、同じ価値観を持っていないことによって友達になるのが難しい人もたくさんいるからです。

なのでここではどういう人を友達にしたいか、予めターゲットを決めておくのも重要です。

自ら行動を起こす

まず最初に起こしてほしいステップとしては『行動』ですね。

行動しないことには何も現実は変わりません。

僕も受け身一辺倒でしたので、そのおかげで大人になってから友達はほとんどいませんでした。

なのでこの『行動』がいかに大事かは身をもって実感しています。

じゃあ実際にどういう行動をとればいいのか?

これから順番に説明していきたいと思います。

自分磨きをする

まずは”自分磨き”をしてみてください。

例えば誰かと一緒にいるときなどは明るくポジティブに振舞ってみたり、いつもクールなキャラを捨ててホットなキャラを演出してみたり、身だしなみを整えて清潔感溢れる男を目指してみたり。

できることはたくさんあると思うので、とりあえずは今の自分より少しだけでも魅力的な男になれるよう、自分磨きをしてみてください。

それで少しでも自分に自信がついてきたのなら次のステップに進みましょう。

楽しい話題や興味を引く情報を予め用意しておく

友達が少ない人に共通して言えることは、会話の話題がなく相手とイマイチ盛り上がらなくて、こんな自分といて相手は楽しいのだろうか?という勝手な思い込みをしてしまっているということです。

なので、この問題を解決するために、予め楽しい話題や興味を引く情報を用意しておいてください。

僕のブログ記事の会話が永遠に途切れない話題だけを集めた、人気会話ネタ一覧!でも盛り上がる話題について詳しく解説しているので、ぜひ話題探しに困ったら参考にしてくださいね。

できるだけ相手の印象に残るように心がける

どうしても仲良くなりたいと思った人がいるのなら、やはり相手の印象に残るような行動をしなければなりません。

例えば相手が興味関心のあるものをうまく聞き出して、それを自分で詳しく調べて教えてあげたり、旅行に行ったついでにその人の分までお土産を買ってきてあげたり、自宅に招いて自慢の料理を振舞ってみたり。

できることは意外にありますので、自分に合った方法を模索して試してみてください。

これらのことをされて嫌な思いをする人はそうそういませんし、相手もきっと好感を持ってくれるはずです。

自分がされて嬉しいことを相手にしてあげれば、必然的に友達は増えていくと思います。

相手にとって付き合いやすい友達を目指す

ここで言う”付き合いやすい友達”とはどういう友達だと思いますか?

まず1つはお互いに気を使わない関係になるということです。

やはりどちらかが気を使っているとその関係は長続きしませんし、何より疲れてしまいますよね。

なのでいつでもフランクに話しかけられる間柄になることを目指して、日々接してみてください。

2つ目はその人にとって1番の友達になろうとしないということです。

もし相手に親友と呼べる友達がいたとしても、その親友より上を目指すのはやめましょうということですね。

どうしてもその人にとって1番の友達になりたいという感情が湧いてきてしまうという人もいるかと思いますが、ここはグッとこらえて2番目、3番目でもいいのでとりあえずは友達になることを心がけてください。

付き合っていくうちに1番の親友になれる可能性も残されています。

なのでまずは1番を目指さずに友達になるところから始めてみましょう。

3つ目は相手や自分に嘘をつかないということです。

例えば『今度飲み会しようよ』と誘われて、ホントは仕事で疲れていて行きたくないけど自分に嘘をつき行ってしまったり、相手が『○○って映画見てみたいな~』と言ったので『じゃあ今度一緒に見に行こうか?』と見たくもない映画を見に行ってしまったり。

こういう嘘を繰り返していると、いつかは不満が爆発してしまい良好な人間関係は作れません。

時と場合により嘘は必要になるときもありますが、付き合いやすい友達を目指すのなら嫌なことははっきり断りましょう

そうすれば”この人は正直な人で信頼できるな”という印象も相手に与えることができます。

仲良くなりたいとはっきり伝える

もうこれさえ言ってしまえば、友達はいとも簡単に作れてしまうと思います。

もう相手に仲良くなりたいとはっきり伝えてしまいましょう

想像してほしいのですが、あなたが『仲良くなりたい』と相手から伝えられたらどう思いますか?

きっとよほど嫌いな人じゃない限り嫌な思いはしないと思うんですよね。

逆に『そんなにあたしと仲良くしたいのかな?まぁ嫌な人じゃなさそうだし、別に友達になってあげてもいいか』ってなると思うんですよ。

つまりこの方法を実行することによって、簡単に友達が作れてしまうということです。

友達を簡単に作れる出会いの場とは?

ここまでの話で大人になってからの友達の作り方に関しては理解していただけたと思うので、ここからは友達を簡単に作れる出会いの場について詳しく話していきたいと思います。

習い事をしてみる

まず1つ目は習い事です。

習い事といってもたくさんあると思いますが、1番いいのは自分が興味のある習い事をしてみてください。

料理教室、習字、ヨガ、英会話、空手、ゴルフなどたくさんあるので、1つぐらいはやってみたいものがあると思います。(なかったらごめんなさい)

同じ習い事をしていることにより自然と交流も出てくると思うので、意外にすぐ友達は作れてしまいますよ。

SNSを活用し、イベントなどに参加しよう

友達を作るのにSNSを活用しない手はないというほどSNSは友達作りに適しています。

ではどういうSNSを活用すればいいのか。

Twitter、Instagramなど人気なものはたくさんありますが、僕がオススメする最も有効なSNSはFacebookですね。

いまやFacebookは多くの人が使っているツールの1つです。

オンラインサロンなどのコミュニティもありますし、気軽に地域のイベントにも参加できるので、まずはFacebookで地元のイベントを検索してみたり、興味のあるコミュニティに入ってみたりしてください。

自分の趣味があれば、その趣味で集まるイベントに参加するのもいいですね。

僕もあるオンラインサロンに参加していますが、同じ趣味や目的を持った人たちが必然的に集まってくるので、かなり濃い時間を過ごすことができてます。

何より同じ目的を持っている人たちが集まるので、これだけでも心強いですよね。

とりあえずは1つでもSNSを活用し、イベントやオフ会に参加するなどして出会いの場を増やすようにしてみましょう。

バイトや転職をしてみる

大人になっても友達がいない1つの原因は、やはり今の職場にあると思います。

いくらあなたが会話下手で人見知りだったとしても、職場の人間関係に恵まれなければ友達を作ることはできません。

例えばあなたが内向的な性格で、職場の人たちが皆オラオラ系の体育会系な人たちばかりだったら、あなたは友達が作りづらいですよね?

または職場の人たちが皆眼鏡をかけたインテリ系の、いっさい冗談の通じなさそうな人たちの集まりで、その中にオラオラ系の体育会系の人がぽつんと入ってきたら、その人は孤立してしまうと思いませんか?

要するに周りの環境はとても大事だということです。

もしあなたが友達がいっさいいなくて悩んでいるのであれば、環境を変えることによって劇的に改善される可能性があるということです。

その方法の1つとしてバイトや転職をしてみるということなんですね。

なのでどうしても今の職場が嫌だ、このまま一生友達がいないなんて耐えられないという人は、思い切って職場を変えてみるというのも1つの解決策だと思います。

趣味を最大限活用する

友達作りで欠かせない要素は趣味ですね。

趣味さえ一致してしまえば、友達を作るのは簡単です。

なぜなら永遠にその話題で会話が続くし、一緒に趣味を共有できるからです。

で、趣味といてもいろいろありますが、比較的人気があるのはゴルフ、筋トレ、フットサル、カメラ、釣り、旅行、料理、などですね。

これらの趣味を利用して、スクールやサークルに入ってみるのもいいかと思います。

とりあえずは共通の趣味がある人を探し出し、それから人間関係を構築していくのがベストですね。

Barや飲み屋に行ってみる

気の合う喋り仲間を作りたいのであれば、Barや飲み屋に行ってみるのもいいと思います。

1人で行くのは気が引けるという方もいると思いますが、意外にも1人で来ている客は結構います。

逆に1人でいたほうが、隣で飲んでいる知らない人に話かけられたり、バーテンダーと会話を楽しんだりもできるので、思い切ってチャレンジしてみるのもいいですね。

お酒が入った席では会話もよく弾み、見知らぬ人ともすぐに打ち解けられる力があるのでぜひ飲み屋に足を運んでみましょう。

新たな出会いのきっかけになるかもしれません。

公園や散歩など、積極的に外出をしてみる

友達を作りたいのであれば、とりあえずは家の外に出る努力をしてください。

まずはささいなことでも構いません。

家の近くを散歩するのもいいし、公園に行って散歩するのもよし。

外に出ることによって出会いのチャンスは必ず廻ってきます。

僕も子供と公園に行ったときに子供の同級生がいて、その子のパパさんがいたので、思い切って話してみてその日にLINE交換までしたことがありました。

ホントにいつこういうきっかけが訪れるかわからないので、できるだけ外出する機会を増やしてみましょう。

チャンスはふとした瞬間に訪れます。

そのチャンスをものにするか、棒に振るかはあなた次第ですが、外に出かけることで可能性は最大限に広がります

まとめ

以上で大人になってからの友達の作り方についての話は終わりになりますが、最後に簡単にまとめたいと思います。

【なぜ大人になると友達ができないのか?】

1番の原因は仕事と家庭に追われてしまって遊ぶ時間がなく、大人になると子供のころに比べて外出する機会が減ってしまうから。

大人になってから友達ができないのは仕方がないといえば仕方のないことで、友達を作りづらい環境にあるのはわかっておいてください。

【友達がいないことでの悪影響は?】

友達がいないことで悩み事や相談事を打ち明ける相手がいない。

孤独でいるだけで、喫煙よりも体に悪い

健康面やメンタル面をよくしたいのであれば、まずは友達作りから始めてみよう。

【大人になってからの友達の作り方はどうすればいいのか?】

  • どういう友達が欲しいかを決める
  • 自ら行動を起こす
  • 自分磨きをする
  • 楽しい話題や興味を引く情報を予め用意しておく
  • できるだけ相手の印象に残るように心がける
  • 相手にとって付き合いやすい友達を目指す
  • 仲良くなりたいとはっきり伝える

【友達を簡単に作れる出会いの場とは?】

  • 習い事をしてみる
  • SNSを活用し、イベントなどに参加しよう
  • バイトや転職をしてみる
  • 趣味を最大限活用する
  • Barや飲み屋に行ってみる
  • 公園や散歩など、積極的に外出をしてみる

ぜひこれらを実践し、試してみてください。

必ずあなたにも友達を作ることができます。

まずは”行動”ここを意識して取り組んでみましょう。

それではこの記事はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


コミュ障が好かれる秘密を公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください