「人間関係の悩みを解決」職場でも使えるコミュニケーションテクニック12選

考える

どうも、ライトです。

この記事では人間関係の悩みを解決するためのコミュニケーション攻略法について話していきたいと思います。

職場の人間関係、学校の人間関係、家族との人間関係、あらゆる悩み事があると思いますが、これらの人間関係はすべて改善することが可能です。

ではどうやって人間関係の悩みを解決していけばいいのか。

先に結論を言ってしまいますが、あなたの今までのコミュニケーションの取り方を変え、

考え方(マインドセット)を変えることができれば人間関係は必ずうまくいくはずです。

僕自身、この2つのアプローチをしたことにより

壊滅的だった職場の人間関係を円滑に回すことができるようになりました。

もしあなたが職場などの人間関係で悩んでいるのなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

では始めていきますね。

目次

人間関係の悩みによくある原因

人間関係の悩みには必ず原因があります。

その原因を1つずつ突き止めて、解決策を模索していきましょう。

会社や職場の人間関係

上司や部下との人間関係はよくある悩みの1つですね。

部下が言うことを聞いてくれなかったり、上司に振り回されてしまったり。

特に大企業などの従業員が多い会社では、こういう事態はよく起こります。

僕の会社も割と従業員が多いので、このような悩みはたくさんありました。

むしろ少人数の企業のほうがこのような悩みは少ないかもしれませんね。

苦手な人や嫌いな人との付き合い

苦手な人や嫌いな人とどうしても付き合わないといけないときがあります。

主に職場や学校とかですね。

苦手な人や嫌いな人と無理に付き合うと、どうしてもストレスが溜まってしまいがちです。

例えていうなら、嫌いな食べ物を無理に食べるのと同じ感覚ですから。

こういう場合は、できるだけ嫌いな人と関わる機会を減らすのが一番効果的ですね。

派閥争いに巻き込まれる

会社やママ友などの派閥争いにうんざりした経験はありませんか?

僕自身、何度もあります。

本当にウンザリしますよね。

でも、動物は人間に限らず派閥争いをするものです。

派閥争いに巻き込まれたら、まずは中立な立場に立ってみましょう。

どっちつかずなポジションだとうまく切り抜けることができますよ。

無視やいじめ

無視やいじめはとても重い悩みの1つです。

正直、これが一番つらい悩みかもしれません。

無視やいじめというのは嫉妬や妬みなどの感情からくるものが多いですね。

特に満たされていない人がやってしまいがちな行動です。

人生が充実している人はこのようなことをする必要がないし、やっても何も得しないということを理解していますから。

もし身近に無視やいじめをしてくる人がいたら、相手にしないのが一番ですね。

いちいち反応していると、さらにエスカレートしてくる人もいるので気をつけましょう。

セクハラ・パワハラ

セクハラ・パワハラは会社で起こる人間関係のトラブルに多いですね。

特に最近ではちょったした発言や言動でもセクハラやパワハラになってしまいます。

相手が不快に思った時点でアウトですから。

でもなかなか身近な人に相談できないのも現状で、多くの人が泣き寝入りをしているのが現状ではないでしょうか。

1人で抱え込まず、思いきって誰かに相談するのが1番の解決策ですね。

孤立・仲間外れ

孤立や仲間外れもとても辛いですね。

特に内気な人や内向的な人は孤立したり仲間外れにされやすい傾向があります。

なぜかというと、自分の主張をするのが苦手だからです。

僕自身、内気で内向的な性格なので孤独になったりしたことがよくありました。

しかし、別に孤独が悪いということではありません。

世の中の固定概念がそういうイメージを作っているだけであって、孤独になることでのメリットもたくさんあります。

例えば自分の時間が増えたり、嫌な人と無理に付き合うストレスも感じることはありませんし、なにより自由です。

余った時間を自分のスキルアップや自己投資の時間に費やすのもいいですね。

人間関係の悩みを軽減するための思考法(マインドセット)

ここでは人間関係の悩みを軽減するための思考法(マインドセット)についてお話ししていきます。

この思考法(マインドセット)は人間関係の悩みを軽減するためにとても重要なものですので、ぜひ今日から実践してみてください。

相手からの評価を気にしないこと

もう相手の評価を気にするのはやめましょう。

相手の評価を気にしているということは、相手が望む人生を生きようとしているのと同じです。

1人1人の評価を気にしたところで、いったい何になるのでしょうか?

あなたが別に得をするわけでもありませんよね?

今日から相手の評価を気にしない人生にシフトしていきましょう。

そうすれば余計なストレスを溜め込むこともなくなるはずです。

合わない人とは無理に付き合わない

あなたは合わない人と無理に付き合ってはいませんか?

もし無理に付き合っているのなら、今すぐやめてください。

正直、あなたに何のメリットもありませんし、ただストレスが溜まるだけです。

サイズの合わない靴を無理に履いているのと何ら変わりありませんし、

靴だってサイズの小さいのを無理やり履いていたら足を痛めてしまいますよね?

でも、仕事上どうしても付き合わないといけない。

こういうときはできるだけ相手との接触回数を減らすか、最悪職場を変えてみるのも1つの手だと思います。

これが最良の改善策ですね。

人間関係には運も付きもの

人間関係は運も大きく影響しています。

環境のいい職場もあれば、そうでもない職場もたくさんあります。

実際に職場を変えることで人生がうまくいったということはよく聞きますし、学校でもクラス替えをしたとたんに天国から地獄に突き落とされたという話もよくありますよね。

人間関係がうまくいかない人は個々のコミュニケーション能力の影響もあるとは思いますが、今いる環境が悪いだけの可能性も十分にあるので、環境を変えてみるのもオススメですよ。

孤立しても気にしない

周りはグループを作ったり盛り上がったりしているのに、自分一人だけが孤立してしまうと嫌ですよね?

しかし、孤立は決して悪いものではないし、孤立するということは周りと違う個性があるということです。

つまり、個性が強いがために孤立してしまうのです。

群れるということが本当に正しいのかどうか、今一度よく考えてみてください。

それだけがすべてじゃないはずです。

孤独には孤独なりのメリットもたくさんありますよ。

人によって態度を変えない

人によって態度を変えるのもよくありません。

例えば偉い上司の前では媚を売って、その他の人に対しては素っ気ない態度を取ってみたり。

こういうことは意外によく見られています。

誰に対しても同じ態度で接することを心がけてみてください。

それだけであなたの印象はとてもよくなるはずです。

相手の視点になって考えてみる

自分の視点と相手の視点は大きく違います。

自分が思っていることと相手が思っていることは全くの別物だということです。

相手が自分のことを嫌っているかもしれないと思っていても、実際はそんなことなかったりすることも多々あります。

相手がどのように思っているのか、相手の気持ちになって冷静に考えてみましょう。

そうすることで相手とより気持ちが通じ合うはずです。

自分の価値観、相手の価値観を理解する

自分の価値観、相手の価値観は違って当然ですが、価値観が違うだけで人間関係がうまくいかないことはよくあります。

人間関係の主なトラブルは価値観の違いからくるといっても過言ではないですね。

実際に価値観が違う人と一緒にいると疲れてしまったり、意見が食い違ったりすることってよくありませんか?

価値観は違って当たり前なんだという気持ちを持ってコミュニケーションを図れば、余計なストレスを感じることもなくなりますよ。

人間関係の悩みを解決するためのコミュニケーションテクニック12選

ここでは人間関係の悩みを解決するためのテクニック12選について話していきたいと思います。

これから紹介する具体的な行動を日々のコミュニケーションに取り入れていただくことで、人間関係が少しずつ良好になります。

そして、悩み事は確実に減っていくと思いますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

家族や友人、上司に相談をしてみる

人間関係で悩んでしまったときは誰かに相談してみましょう。

1人で抱え込んでいても解決の糸口は見えてきませんし、何より自分自身が辛いだけです。

相談するのに多少の勇気はいると思いますが、他人のアドバイスを仰ぐことはとても大事なことですよ。

今まで解決できなかった悩みも一気に解決できるかもしれません。

自分が悪いと思ったら素直に謝る

自分が悪いと思ったことは素直に謝ってください。

よく自分の間違いを認めなかったり言い訳をする人ってたまにいますが、はっきり言って相手は気づいています。

そして、それと同時に不信感も抱いているんですね。

『この人、なんか信用できないな』

こう思われてしまう可能性も十分にあるので、自分が悪いと思ったら素直に謝る癖をつけましょう。

元気にあいさつをする

あいさつは相手に好印象を与えるために欠かせないものです。

どんなに性格が悪くて嫌なヤツでも、あいさつさえ元気にできてれば相手に好印象を与えることもできます。

なので、人と会ったらまずはあいさつを心がけてください。

元気にあいさつすればするほど相手からの印象は上がるはずです。

自己開示を積極的にする

自己開示をすることで相手からの信頼を得ることができます。

なぜかというと、自分の人となりを相手に知ってもらうことができるからです。

相手がどのような人かわからなかったら警戒してしまうし、なかなか心を開くこともできません。

なので、自分から積極的に自己開示をすることが大事なんです。

自分の好きなもの、嫌いなものを打ち明けるのもいいと思いますよ。

相手に感謝の気持ちを伝える

あなたは相手に対して感謝の気持ちを伝えていますか?

もし伝えていないという人は、今日から感謝を伝えてみましょう。

感謝を伝えることで相手の自己重要感も満たされ、お互い嬉しい気持ちになります。

たった”ありがとう”の一言で人間関係が良くなるのなら、使わない手はないですね。

普段の言葉遣いに気をつける

普段の言葉遣いでも相手を不快にしてしまうことがよくあります。

特にタメ口には気をつけたほうがいいです。

仲のいい友人や気の知れた仲間ならいいですが、先輩や上司、年下でもタメ口を使ってしまう人がたまにいますよね。

タメ口をされて気分を悪くする人も割といるので、親密な関係ではない場合は無難に敬語を話すようにしてください。

身だしなみや第一印象に気をつける

見だしなみや第一印象が悪いと相手に距離を置かれてしまいます。

実際に身だしなみが汚い人や第一印象がよくない人を見て、あなたはどう思いますか?

積極的に関わりたいとは思わないですよね?

中身で勝負という人もよくいますが、それ以前に身だしなみを整えることが人間関係構築の基礎になってきます。

見た目が美味しそうな料理と見た目がまずそうな料理は一目瞭然のように、普段の見た目もこれぐらい大事だということです。

ネガティブ発言をしない

ネガティブ発言は基本厳禁です。

なぜなら、聞いている相手もネガティブになってしまうからです。

感情は伝染するという言葉を聞いたことがあると思いますが、ネガティブ発言をする人の周りにはネガティブな人しか集まりません。

なので、ネガティブ発言は極力控えて、ポジティブな言葉を少しずつ取り入れていきましょう。

そうすれば自然とネガティブな人たちが集まってくるはずですよ。

人間関係の断捨離をする

人間関係には断捨離も必要です。

なぜかというと、人は身近な人の影響をモロに受けてしまうからです。

よく似た者同士が集まるという言葉を聞いたことがあると思いますが、これは半分正解で半分間違いです。

たしかに似た者同士は集まりやすいですが、それ以前に周りの人に似てきてしまうという性質があるんですよね。

つまり、暗い性格の人が明るい性格の人と一緒にいると、性格も明るくなってくるということです。

なので、自分が理想とする人と積極的に付き合うといいですよ。

そのために断捨離は必要になってきます。

相手との信頼を構築する

相手との信頼は人間関係を構築するために欠かすことができません。

信頼無くして良質な人間関係なんて作れませんから。

信頼を勝ち取るためには日々のコミュニケーションの積み重ねが重要になってきます。

時間をかけることで信頼は構築されていくので、まずは相手と積極的に関わってみましょう。

共に過ごす時間が長ければ長いほど信頼は構築されていきますよ。

自分の魅力を高める

自分の魅力を高めることによって人間関係もうまくいく傾向にあります。

なぜなら、魅力的な人は人に好かれやすいからです。

実際に人に好かれている人は何かしらの魅力が備わっているはずです。

自分には何の魅力もないと感じていたとしても、今から身につければ何の問題もありません。

自分の得意なこと、好きなことをひたすら磨くのが一番効率いいと思います。

どうしても耐えられないときは転職をする

人間関係にどうしても耐えられなくなった場合、思い切って転職をしてみるのも有効な解決策ですよ。

環境が変われば嘘のように人間関係がうまくいくことも多々ありますから。

給料が下がってしまったり、生活が苦しくなってしまうリスクを考えるとなかなか転職に踏み切れないという人もたくさんいると思いますが、自分のメンタルを病んでしまっては元も子もありません。

それに、今の世の中は昔と違って転職は当たり前になってきています。

たくさんの仕事を経験してスキルを磨いたほうが重宝されるし、自分の力でビジネスを展開していくことだって可能になります。

人間関係を構築する上で絶対にやってはいけないこと

人間関係を構築する上でやってはいけないこともたくさんあります。

これ以上人間関係を悪化させないために、以下のことはしないように十分心がけてください。

相手に反抗的な態度を取る

ついイラっとして相手に反抗的な態度をとってしまう人がいますが、ここはグッとこらえてください。

反抗的な態度をすると相手も反抗的な態度を取ってきます。

お互いが反抗心をむき出しにすると人間関係は決してうまくいきません。

反抗するよりもまずは相手を受け入れる姿勢が大切です。

イラっときたら反抗せずに、まずは冷静になって考えてみましょう。

相手に仕返しをする

相手につい仕返しをしたくなるときもあると思います。

でも、仕返しをすると相手も仕返しをしてくる可能性が高いです。

どちらかが止めないと永遠に続いてしまうのがこの仕返しなんですよね。

負けたくない気持ちもわかりますが、一歩引いてあげるのも人間関係を良好にするために大事なことですよ。

自分を責める

人間関係がうまくいかないのは自分のせいと自分を責めてしまう人がいると思いますが、決してそんなことはありません。

今置かれている環境が悪いだけの可能性も十分にあるからです。

恵まれた環境で人間関係がうまくいかないなら自分に責任があると思いますが、まずは環境を疑ってみるのもいいかもしれません。

自分を責めたところで人間関係が良くなることもありませんので、気持ちをポジティブに切り替えるのも大事ですよ。

相手に対して誹謗中傷をする

相手が気に入らなかったり、嫉妬してムカついたときについ誹謗中傷をしてしまう人がいます。

しかし、それによって相手が傷ついているということを忘れてはいけません。

誹謗中傷は誰もいい思いはしないし、ただ人間関係を悪化させるだけです。

それに、誹謗中傷することによって自分自身にも少なからず悪影響があります。

誹謗中傷するよりも相手を褒めたり敬ったりすることを心がけましょう。

愚痴や悪口を言う

愚痴や悪口はついつい言ってしまいたくなると思います。

ですが、愚痴や悪口を言う人は警戒されてしまう可能性があるんですよね。

なぜかというと、自分も陰で悪口を言われているんじゃないかという誤解を招いてしまうからです。

実際に悪口を言っている人はたくさんの人の悪口を言っています。

なので、いつ自分の悪口も言われてしまうかわからないんですよね。

こういう不安や恐怖と隣り合わせの人間関係なら、できるだけ避けたほうがいいですね。

相手に怒りをぶつける

イラっとしたときに、つい相手に怒りをぶつけていませんか?

怒りの感情は嫌われる原因の1つです。

あなたも常に怒りをぶつけてくる人が身近にいたらどうでしょうか。

あまり関わりたいとは思いませんよね?

みんなも一緒です。

怒りを常にぶつけてくる人とは極力関わりたくないんです。

なので、できるだけ怒りの感情をコントロールして、相手にぶつけないように気をつけてください。

今できることから始めよう

人間関係の悩みを解決するためにはいろいろなアプローチがあります。

これをすれば劇的に人間関係が良くなるという処方箋はないので、まずは自分にできることから始めてみてください。

すぐに人間関係の悩みを全部解決するのは難しいですが、行動すれば必ず解決できるはずです。

まずは自分の普段の思考を変えてみるのが1番取り組みやすくておススメですね。

人間関係の悩みから解放され、より良い人生を歩んでいきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


コミュ障が好かれる秘密を公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください