日常会話に必要な『雑談力』を最速で身につける方法

雑談

どうも、ライトです。

今日は会話下手な人が苦手としている『雑談力』について話していきたいと思います。

他者とのコミュニケーションにおいて雑談力はなくてはならないスキルです。

しかし、多くの会話下手な人はこの雑談力を身につけていません。

実は雑談力というのはほんの少しのコツさえ掴めば、誰でも上達することが可能なんですね。

例えば自転車を運転するとき、最初はフラフラしてうまく乗れなかったのにコツをつかんだ途端、まっすぐ走ることができた。

このような感じです。

もしあなたが『どうせ自分なんて雑談力がないから誰と話しても会話が盛り上がらないに違いない』と思っているのなら、この記事は必ずあなたの力になれるはずです。

なぜなら、この記事を読んでくれれば雑談力を80%向上させることができるからです。

これから紹介するある3つの重要な要素さえ抑えてくれれば、あなたは他人との会話で『会話が続かない』ということはなくなるし、誰とでも楽しく雑談をすることができるでしょう。

それでは始めていきたいと思います。

雑談力を簡単に上達させる方法とは?

ではさっそく雑談力を磨くための重要な要素について話していきますね。

まず雑談力を磨くための重要な要素は3つあります。

その要素をこれから紹介していくのですが、この要素は誰しもが持っているものなんですね。

それは

  • 視覚
  • 聴覚
  • 嗅覚

この3つです。

この3つを活用すれば、いくら雑談力がない人でも簡単に誰とでも楽しく雑談をすることができます。

なので、会話下手な人でもぜひ安心してください。

それでは1つずつ解説していきますね。

視覚的情報の活用

まずは視覚を利用した雑談について話していきたいと思います。

あなたは普段視覚を無意識に利用していると思いますが、視覚というのは雑談をするのにものすごく便利なものなんですね。

例えば道端を歩いていて『あるお店』があなたの視界に入ったとします。

もうこの時点で雑談のネタが1つ完成です。

『あのお店、とてもオシャレなお店ですね』

『あのお店、入ったことありますか?』

『あのお店、この前入ったんですけどとてもよかったです』

このようにいくらでも雑談をすることが可能です。

別にお店じゃなくても視界に入ってきたものなら何でもOKです。

誰かの服装、車、動物、景色、食べ物、気になったもの、本当に何でもネタになるんですね。

例えば猫が視界に入ってきたとして

『あの猫めっちゃかわいい~!俺って断然猫派なんだよね』

みたいな感じで、普通に雑談をすることができますよね。

視覚を利用した雑談っていうのは雑談が苦手な人でもすぐに使える手法ですし、なにより自然に雑談ができるって点でとても有効な手段だと思います。

なので、ぜひあなたも日常会話に取り入れてみてください。

聴覚を利用した雑談の仕方

視覚は雑談をするのにとても有効ですが、聴覚も雑談をするうえでとても役に立ちます。

普段の日常生活で耳に聞こえてくる声や音は、必ず雑談のネタになります。

例えば激しい雨の音。

もし室内で激しい雨の音が聞こえてきたら

『なんか外ですごい雨の音しない?大丈夫かなぁ』

このような雑談をすることができます。

または雷の音が聞こえてきたらどうでしょう。

『外ですごい雷なってるよ!今めっちゃ光ったし!』

このように自然と雑談に発展させることができます。

僕がよく聴覚を利用して使っている雑談のネタは

『この曲、めっちゃいい曲だよね』

これです。

これは曲が流れているときにしか使えないネタですが、曲が流れていたときには必ず使えるネタでもあります。

他にもパトカーの音、お皿が割れた音、誰かの声、動物の鳴き声、携帯の着信音、なんでもいいのでぜひネタとして活用してみてください。

雑談が途切れないこと間違いなしです。

嗅覚を利用した雑談の仕方

雑談をする上で欠かせない最後の重要な要素。

それは嗅覚です。

嗅覚というのは主に『におい』のことですが、このにおいも雑談をするうえで非常に役に立ちます。

あなたは普段さまざまなにおいを嗅いでいると思いますが、その一つ一つがすべて雑談のネタになるんですね。

例えばおいしそうなカレーのにおい。

これが嗅覚を刺激してあなたの鼻に届いたものなら

『どこからかカレーのいい匂いがするなぁ。今日の夕飯はカレーが食べたいな。』

こんな感じで雑談をすることができます。

または焦げ臭いにおいが鼻の中に入ってきた場合は

『なんか焦げ臭くない?大丈夫?燃えてない?』

このようにすぐに雑談に繋げることができます。

ちょっとだけ笑いを取りたい場合は

『なんかめっちゃオナラ臭くない?したの誰?俺は絶対してないから。』

みたいな感じでウケを狙うのも面白いですね。

嗅覚も基本いつだって感じているものなので、すぐに雑談に繋げることができます。

この上記で紹介した

  • 視覚
  • 聴覚
  • 嗅覚

の3つを用いれば、あなたは雑談で困ることはなくなるでしょう。

僕もかつては極度の会話下手で雑談力が0でしたが、この3つを意識することにより雑談力がものすごく向上しました。

それも簡単に、かつ効率的にです。

もしあなたが雑談力がないと悩んでいたとしても、今日でその悩みとはおさらばです。

なぜなら、あなたはこの記事を読んだことによって雑談力がすこぶる上達してしまったからです。

明日からのあなたの雑談力の変化を身をもって感じてください。

ということで今日は雑談力を最速で身につける方法について話していきました。

簡単ではありますが、ぜひ日々の日常に取り入れてみてくださいね。

では今日はこの辺で失礼したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


コミュ障が好かれる秘密を公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください